脳幹と脳幹のはたらき


あなたを生涯守ってくれてる脳幹

「なぜ、腰や肩に症状があるのに脳が関係してるの?」


生まれてから死ぬまで、誰にも知られず、ひとときも休むことなく働き続ける生命の維持装置が脳幹です。

この脳幹は、右脳と左脳にはさまれた中心部分にありその一部は第1頸椎と第2頸椎の内側にもぐりこんでいます。

下の図のように、視床、視床下部、中脳、橋、延髄から構成されています。ピンクの部分が生命の維持装置、脳幹です。




脳幹のはたらき


それでは何故この脳幹が治療をしてくれるのかを説明します。

自然治癒力とは人間自身に備わる病気を治す力のことです。

その力は本来、非常に神秘的なものですが、根底には生体のホメオスタシス(恒常性)が存在すると考えられます。


このホメオスタシスは、外部環境の変化などのストレスに対抗し体内環境を一定に保とうとする生体の調節機能です。


たとえば、気温は土地や季節で変化するのに、人の体温は36度台に保たれているのもホメオスタシスの働きによります。

また筋肉痛なども時がたてば、痛みがなくなり元にもどります。


痛みなど症状が続く方はこのホメオスタシスの力が発揮できない状態なのです。




脳幹は四角形すべてに関係している

ホメオスタシスはすべての生物に存在しますが、人間の場合は


自律神経系
免疫系
内分泌(ホルモン)系
脊髄ー筋肉系


の4つの系を発達させました。

これをホメオスタシスの四角形といい、環境の変化や精神的なストレスなどでそのバランスがくずれてくると、おたがいに協力しあって回復を促すしくみになっています。

この脳幹のホメオスタシスの力を発揮させていけば、当然身体に触れなくても
あなた自身の脳幹の力で元の状態に戻っていきます。